提携企業様募集

提携企業様募集

雇用と事業の安定化を実現

福利厚生の一環として保育園を利用することで、仕事と育児と両立にお悩みの従業員さんに好環境を提供できます。会社の一番の資産ともいえる人材の流出を防ぎ、事業の安定化が図れます。

従業員の負担を減らせる

企業契約であれば夫婦で共働きの場合など個人契約より費用負担が少なく、勤務証明のご提出により土曜日、日曜日もお子様を預けることができます。また個人契約で必要になる3号認定(保育認定)の取得も不要です。

会社が決めた保育園だと安心

会社が契約している保育園ということで、従業員さんも安心できます。 そして会社の近くに保育園があれば、通勤途中での送り迎えが可能になり、時間的にも体力的にも楽になり、仕事に励めると思います。

 

企業主導型保育事業を導入するメリット

企業様のメリット

当園の提携企業として登録していただくことで、従業員様の保育枠を確保できます。お子さまが待機児童になるリスクを減らし、優秀な人材の流出を防ぐことができます。さらに本事業に取り組むことで女性活躍支援、子育て支援に積極的であることが可視化され、採用時の貴社のイメージアップにつながります。

  1. 子育て中の優秀な人材の採用につながります。
  2. 女性活躍支援・子育て支援に積極的であることが可視化され企業イメージ・福利厚生の向上につながります。
  3. 社員満足度の向上につながります。
  4. 当法人との利用枠提携書の締結で、企業様に費用負担なくご利用いただけます。

従業員様のメリット

育休明けの保育先をあらかじめ確保しておくことで、職場復帰のスケジュールが立てやすくなります。また公立保育園のような複雑な入園手続きが不要になり、働き方に応じた柔軟な保育サービスを受けることができます。

  1. 育休明けの保育先をあらかじめ確保しておくことで職場復帰のスケジュールが立てやすくなります。
  2. 公立保育園のような複雑な入園手続きが不要になり、働き方に応じた柔軟な保育サービスを受けることができます。

えんとつ町のプペル保育園 かこがわと提携するには

提携には一定の条件がございます。

  • 「子ども・子育て拠出金」を負担している事業主様であること。
  • 提携企業として当法人と利用枠提携書を交わしていただきます。
  • 保育料金などに関しては、従業員の方より直接納めていただきます。

<企業主導型保育事業に関する詳細についてはこちら>
内閣府 企業主導型保育事業の概要
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/gaiyo.html

 

詳しくは下記よりお問い合わせ下さい。

TEL079-490-3944 (受付:9:00~17:00)

ブログ

  1. 3月1日ひなまつり会を行いました❗先生にひなまつりのお話をしてもらってから、みんなで、ひなま...
  2. 今日は2月生まれのおともだちのお誕生日会🎂今日がお誕生日当日で、一歳になりました🎊えんと...
  3. 今日は節分のイベントでした❗おにのパンツのお歌を歌ったあと・・・赤おにが(;゚ロ゚)お部...
ページ上部へ戻る